タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  15世紀フィレンツェ派の祭壇画の背景描写を中心とした諸問題“Questions in the Depiction of the Background of Fifteenth Century Florentine Altarpieces"  (論文は英文)
■ 概要
  15世紀中葉から16世紀初頭にかけてのイタリア特にフィレンツェ派の絵画の風景描写にみられる三つの問題すなわち古典的或いは古代ローマ芸術の伝統、地誌的な現実描写(トポグラフィカル・リアリティ)、そして北方の影響を祭壇画を中心に考察した。三つの問題の中でも「地誌的な現実描写」は、宗教的・世俗的パトロンによる彼ら自身が住む町への献身、画家自身の生まれ故郷への献身そして画家或いはパトロンの図像学的関心の三点の特徴から15世紀フィレンツェ派の祭壇画の背景描写に最も深く関わっている。 (総頁数 650頁中 349頁-
  単著   『大東文化大学紀要』〈人文科学〉   (第26号)   1988/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.