タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  〔学術的エッセイ〕W.B.イエイツとレオナルド・ダ・ヴィンチ
■ 概要
  アイルランドの詩人・劇作家であるW.B.イエイツは詩集『神秘の薔薇』(1897)のエピグラフに「レオナルドの手記からの引用」としてオウィディウスの『変身物語』の一節を用いている。同詩集では他にもレオナルドの手記からの一文がみられるなどレオナルドの精神とアイルランドの「文芸復興」を求めていたイエイツとに相通ずるものがあった点がうかがえる。このエッセイではレオナルドの作品や思想とイエイツの詩を様々に比較しながら以上の問題を検討している。(総頁数102頁中36頁-41頁)。(レフェリー有)
  単著   『成城文藝』第188号(成城大学文芸学部紀要)      2004/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.