タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  高草茂著『名画に描かれた女性たち-レンブラント、フェルメール、ゴヤそしてドラクロワは何を語るのか-』
■ 概要
  美術史家高草茂氏がランダムハウス講談社より2008年10月に刊行した好著の書評。『旧約聖書』のバト・シェバから近代の孤児に至るまでの女性像の変遷をドラマティックな視点でとらえた点に魅力があることを強調した。(全8面中3面)
  単著   『図書新聞』2897号[発行・(株)図書新聞]      2008/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.