タナベ キヨシ
  田辺 清   国際関係学部 国際文化学科   教授
■ 標題
  高草茂著『「モナ・リザ」は聖母マリア-レオナルド・ダ・ヴィンチの真実-』
■ 概要
  レオナルド研究家として知られる高草茂氏の462頁に及ぶ大著(ランダムハウス講談社、2007)の書評。本書は膨大な量に及ぶレオナルドの手稿中の記述を中心にすすめているためレオナルドの「自伝」を読むような魅力にあふれている。評者は評者自身も関心を持っているレオナルドの蔵書からレオナルドの思想そして画家としての本質を分析した章(本書185-9頁)を軸にして手稿さらに素描によるレオナルド芸術の解明の重要さを強調した。(全8面中4面)
  単著   『図書新聞』2847号〔発行・(株)図書新聞〕      2007/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.