オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  「透析心」は存在するか
■ 概要
  太田眞、佐藤成明、川口良人。維持透析患者に合併する原因不明の心筋疾患を「透析心」と命名した。拡張型心筋症類似心(DCM型)、肥大型心筋症類似心(HCM型)に分類されそれぞれ心臓カテーテル検査、心内膜心筋生検を施行し臨床所見と対比した。病理学的にも特発性DCM、HCMと同程度あるいはそれ以上の心筋障害を認め予後も不良であった。DCM型では著明な心拡大、心係数の保持、心電図上左室高電位の存在など一部は残存心筋の代償性肥大が十分働いていたという面もあり、腎移植により一部は心機能の改善が期待できる可能性があった。
  共著   臨床透析12:1119-31.(1996)      1996


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.