オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  好酸球性白血病合併拘束型心筋症(Restrictive cardiomyopathy with eosinophilic leukemia)
■ 概要
  太田眞。阿部文、家口慶彦、佐藤成明。好酸球性白血病に拘束型心筋症類似病態の合併を認める。好酸球性白血病は全身性疾患であり必ずしも拘束性障害に特有な循環動態が変化しなくても心不全症状態が悪化することがあり、CML同様に長期予後は不良である。
  共著   日本臨床14:88-93(1996)      1996


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.