オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  脊髄損傷患者の運動耐容能に関する検討-車椅子エルゴメーターとアームエルゴメーターとの比較-
■ 概要
  水口正人、田中博、副島道正。太田眞、酒井紀ほか。脊髄損傷患者の運動耐容能を評価することはリハビリテーション期では重要である。独自の多段階漸増負荷法にてpeakV02, ATを求めることが可能であった。車椅子エルゴメーターは従来のアームエルゴメーターに比し再現性に優れ今後Ramp負荷のプロトコル上可能である。
  共著   日本パラプレジア医学会雑誌5:158-9(1992)      1992


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.