オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  維持透析患者における冠動脈病変と石灰化の検討(第1報)
■ 概要
  宇都宮正範、太田眞、斉藤広重、川口良人、酒井紀ほか。維持透析患者において冠動脈造影所見をもとに冠動脈狭窄と冠動脈石灰化について、その頻度と影響因子を非透析患者を対照に比較検討した。その結果狭窄と石灰化は必ずしも平行せず、石灰化出現頻度は透析期間に依存していた。
  共著   透析会誌27:1411-6(1994)      1994


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.