オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  Prognosis of dilated cardiomyopathy: From a retrospective to a prospective study employing multivariate analysis
■ 概要
  Ogasawara S, Sekiguchi M, Hiroe M, Fujita N, Ohta M, Hirosawa K, et al.拡張型心筋症(DCM)の予後規定因子を発見することは、心臓移植の対象例の検索に有用である。DCMの1年後の予後を推測するためのPrognostic scoreを臨床データをもとに作成し多変量解析によりその有用性が明らかとなった。
  共著   Jpns Circ J51:669-706(1987)      1987


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.