オオタ マコト
  太田 眞   スポーツ・健康科学部 健康科学科   教授
■ 標題
  悪性リンパ腫の化学療法中に増悪しニコランジル静注が有効であった不安定狭心症の1例
■ 概要
  増岡秀一、太田眞、海渡健、小林正之、酒井紀。悪性リンパ腫の化学療法中に増悪した難治性虚血発作にニコランジル静注が安全かつ有効であった。
  共著   医学と薬学34:405-9(1995)      1995


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.