オカザキ クニヒコ
  岡﨑 邦彦   東洋研究所 東洋研究所   教授
■ 標題
  西安事変と周恩来(上)
■ 概要
  西安事変以前から、事変勃発に至る中共周恩来の東北軍および張学良に対する懐柔工作について明らかにし、さらに事変勃発後に西安へ乗り込み張学良と会談し、事変を和平解決へと導いた。また、この間ソ連のコミンテルンが中共へ「反蔣」から「逼蔣」(連蔣)への政策転換の指示をおこない、これへ周恩来と張学良がどのようなかかわりを持ったのかを明らかにした。
  単著   『東洋研究』196号   大東文化大学東洋研究所   (69)-(114)頁   2015/07


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.