オカザキ クニヒコ
  岡﨑 邦彦   東洋研究所 東洋研究所   教授
■ 標題
  「毛沢東と七千人大会(2)」
■ 概要
  1962年1月、7千人大会において劉少奇党副主席は、大躍進政策の総括と反省を「書面報告」によって行った。この「書面報告」の作成から採択までの経過と報告の内容を明らかにし、11の問題点を挙げて分析を行った。特に「書面報告」中に引用された毛沢東の提言を捉えて、「毛沢東の権威をかりて、毛沢東の大躍進路線を批判することとなった」書面報告の政治的意味を考察した。
  単著   『東洋研究』   大東文化大学東洋研究所刊行   (111 号)   1994/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.