オカザキ クニヒコ
  岡﨑 邦彦   東洋研究所 東洋研究所   教授
■ 標題
  「毛沢東と七千人大会(5)」
■ 概要
  本号をもって、1962年1月中共七千人大会についての研究を終えた。ここでは、まず、これまでの党中央政治局常務委員ら中国指導者の講話と問題点をまとめ、次に本論テーマであった七千人大会における毛沢東と劉少奇の意見分岐について図表を示して明かにした。また、「七千人大会」についての中共党史における評価、及び中国人研究者の「論文」を紹介して、そこに表れた大会の意義と問題点を整理し、筆者の見解を示した。
  単著   『東洋研究』123 号   大東文化大学東洋研究所刊行      1997/01


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.