コバヤシ ハルキ
  小林 春樹   東洋研究所 東洋研究所   教授
■ 標題
  『「高麗史」暦志・宣明暦の研究』
■ 概要
  本書は、現存する、最も詳細な宣明暦関係史料である『高麗史』志巻第四「暦一」の原文に、訓読文と頭注とを施した、当該暦法に関する基礎的研究書である。共著者は遠藤光正、大谷光男、神田泰、栗原圭介、中林史朗、濱久雄、山下克明、小林(山田)春樹であり、小林(山田)がテキストの書誌的解題(本書1頁~5頁)を、山下が、日本の宣明暦のテキストと高麗志所載の宣明暦とを比較した一文(本書7頁~25頁)を、それぞれ執筆した。
  共著   大東文化大学東洋研究所      1998/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.