オオハシ ジロウ
  大橋 二郎   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   教授
■ 標題
  サッカー選手のゲーム中における移動距離、移動スピードの新しい測定方法
■ 概要
  これまで開発してきた三角法の原理を応用したサッカープレーヤーの移動解析システムが、コンピュータ処理能力の改善にともない多くの面で改良された上でより実用的に使用できるようになった。特に、新たにリアルタイムで測定中のプレーヤーの移動軌跡がパーソナルコンピュータのディスプレイ上にモニターできるようになった。また測定後に時間を特定して、移動軌跡とスピードの変化が表示できるようになった。
  単著   大東文化大学紀要<自然科学>   (第36号),143-151頁   1998/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.