オオハシ ジロウ
  大橋 二郎   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   教授
■ 標題
  8対8サッカーゲーム中の心拍数について-埼玉県大学サッカー選抜プレーヤーを対象として-
■ 概要
  サッカーのゲームの形式としてグランドの広さ、人数の異なるものは、練習場面ばかりでなく大会独自のゲーム形式としてもしばしば行われている。そこで実験の大会における8対8のゲームを対象として、ゲーム中の心拍数からその特徴を検討した。その結果正規のゲームと比較して高い運動強度であることが示唆された。
  ◎永都久典、大橋二郎、磯川正教、鎌田俊司、福井真司
  共著   城西大学研究年報(自然科学編)   17,43-51頁   1993/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.