オオハシ ジロウ
  大橋 二郎   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   教授
■ 標題
  最大酸素摂取量からみたサッカー選手の有酸素性運動能力と乳酸性作業閾値を用いた評価の試み
■ 概要
  サッカーに限らずこれまで有酸素性の運動能力は最大酸素摂取量によって評価されてきたが、競技種目特に間欠的な運動の繰返しであるサッカーのような種目では必ずしも適した評価パラメータではなかった。そこで、最大酸素摂取量と乳酸性作業閾値の両者について実際の試合中のパフォーマンスとの関係を探った。
  ◎大橋二郎、長浜尚史、河端隆志、丸山剛生、磯川正教、戸苅晴彦、大串哲朗
  共著   昭和62年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告、№Ⅱ競技種目別競技力向上に関する研究   245-251頁   1989/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.