オオハシ ジロウ
  大橋 二郎   スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科   教授
■ 標題
  試合後に行うアクティブリカバリィの効果~時間についての検討~
■ 概要
  サッカーのゲーム後に疲労回復を早める目的でアクティブリカバリィを行うことが推奨されている。本研究では、60%Hrmaxの強度で行うアクティブリカバリィの場合10分以上の運動では乳酸排除率からみると有効であることが明らかになった。
  ◎宮城 修,鈴木 滋、安松幹展、大串哲朗、大橋二郎、丸山剛生、石崎聡之、掛水 隆、松田克彦、福井真司、長谷川博
  共著   平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告「競技種目別競技力向上に関する研究第23報   155-161頁   2000/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.