ミヤザキ ジュンイチ
  宮﨑 潤一   文学部 中国文学科   特任准教授
■ 標題
  豊田有恒試論『火星で最後の……』を中心にして
■ 概要
  豊田有恒の処女作『火星で最後の……』(昭和41.3早川書房)は12編が収録されており、その後の豊田の多岐にわたる作品ジャンル・作品構成方法等執筆活動の原点ら遡及しその定位を試みた試論
  五十嵐誠毅
  視向   「視向」の会   (42),2-6頁   2001/08


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.