ミヤザキ ジュンイチ
  宮﨑 潤一   文学部 中国文学科   特任准教授
■ 標題
  現代詩人叢書6 『若き日の井上靖』詩人の出発 たびだち
■ 概要
  作家井上靖が、若き時代四高は左傾化の嵐に吹き荒れていた。柔道部主将としての苦悩の内に詩作を始めるが、新発掘資料や新証言を駆使して実相に迫ったもの。また五章では同じく二等兵としての戦争体験を隊長や戦友の証言や資料をものに論究したもので、このジャンルは本書により緒についた。
  宮崎潤一
  単著   土曜美術社出版販売      1995/01


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.