ワタナベ マサユキ
  渡辺 雅之   文学部 教育学科   教授
■ 標題
  「言語獲得・読むこと・書くこと」につまずきを示す児童・生徒への支援のあり方
-認知心理学先行研究の分析的批評ー-
■ 概要
  「言語獲得・読むこと・書くことにつまずきを示す児童・生徒への支援」について、認知心理学の立場から論述された先行研究のレビューを試みた。そして特別な支援を要する児童・生徒への適切な支援のあり方を検討するための初期研究に位置づけることを目的とする。

 取り上げた論文は以下の2本である。

A玉木宗久・海津亜希子, 翻訳版BRIEFによる自閉症スぺクトラム児の実行機能の測定の試み -子どもの実行機能の測定ツールの開発に向けて-
国立特別支援教育総合研究所研究紀要 第39巻 ,2012

  単著   大東文化大学教職課程センター紀要No.2   大東文化大学教職課程センター   201-207頁   2017/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.