ワタナベ マサユキ
  渡辺 雅之   文学部 教育学科   教授
■ 標題
  「暴力性や権力性を超え、未来に拓かれた教育の創造
~子どもを励まし・励まされる教育実践を追求しよう!~」
■ 概要
  埼玉生活指導研究協議会 2001年度基調提案論文
1章 20世紀から21世紀へ
①総論
②子どもたちの今日的状況
③社会の動向
2章 集団づくりの今日性
①集団とは何か?
②集団づくり実践の目的
③今日における班、核、討議づくり実践
④集団づくりと自治
3章 教師のスタンス・・・励まし、励まされる実践とは
~埼生研の突き出してきた実践の今日性~
①実践の中の「小さな物語」
②親・地域との共同
③特別なニーズを持つ子ども
④教室の中の「物語」をつくりかえる
⑤学年づくりと学校づくりの課題
⑥暴力、いじめや「荒れ」にとりくむ
⑦学びの問題
4章 今と未来を子どもと生きる教師に
~まとめにかえて~

  単著   埼玉県生活指導研究協議会大会紀要集録   埼玉県生活指導研究協議会      2001/06


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.