オオシマ ヨシロウ
  大島 吉郎   外国語学部 中国語学科   教授
■ 標題
  動詞重畳型に関する通時的研究(十)――《紅楼夢》後四十回を中心に――
■ 概要
  1792年に刊行された《紅楼夢》程乙本における後40回を対象に、動詞重畳型の分布状況を記述し分析するとともに、前80回との対比を行うことにより、《紅楼夢》前80回と後40回の言語的差違の一端を明らかにしようと試みる。
  単著   大東文化大学紀要   大東文化大学   (52),145-163頁   2014/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.