オオシマ ヨシロウ
  大島 吉郎   外国語学部 中国語学科   教授
■ 標題
  「“找”考(五)-《二拍》を中心に」
■ 概要
  明・凌濛初撰『初刻・二刻拍案驚奇』全八十巻について“找”と“尋”のペアーを抽出し、意味と用法の分布を調査したもの。撰者は浙江の出身であるが、“找”を用いている。しかし用例の出現箇所には一定の傾向が見られることを指摘する。A5版、全17頁。
  単著   大東文化大学語学教育研究所『語学教育研究論叢』第17号      2000/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.