オオシマ ヨシロウ
  大島 吉郎   外国語学部 中国語学科   教授
■ 標題
  「‘動・到’と‘動・着’の分布について(六)-《醒世姻縁傳》を中心に」
■ 概要
  清代前期に山東方言で書かれた《醒世姻縁傳》は中国語の通時的記述を行う上で極めて重要な資料であり、明代の資料とは明らかに異なる性質を有している。当該テーマについて用例を分類整理し、その特徴を述べたもの。B5版、全24頁。
  単著   大東文化大学『大東文化大学紀要』<人文科学>第36号      1998/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.