オオシマ ヨシロウ
  大島 吉郎   外国語学部 中国語学科   教授
■ 標題
  「‘動・到’と‘動・着’の分布について-《紅楼夢》を中心に」
■ 概要
  現代中国語における‘動・到’と‘動・着’句の並行を指摘するとともに《紅楼夢》における用法・用例について、相補分布の観点から分析を行い、前八十回・後四十回の非均質性を指摘したもの。B5版、全15頁。
  単著   大東文化大学『大東文化大学紀要』<人文科学>第31号      1994/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.