フカミ ユキコ
  深見 友紀子   文学部 教育学科   教授
■ 標題
  小学校音楽科リコーダー学習における一人1台端末を活用した家庭学習が技能に及ぼす効果
■ 概要
  小学校第5 学年児童がタブレット端末を家庭に持ち帰り,約3週間にわたってリコーダー演奏に関するビデオを視聴し,卒業式での演奏に向けた練習に取り組んだ.その期間中,児童にはビデオ視聴回数の記録,3回の演奏録画が課された。実践終了後,録画された映像に対して音楽の専門家3 名が総合評価(10点満点)と項目別評価(5点満点)を行った結果,児童の集団としての演奏技能が伸び,特に,実践開始時点において中位だった児童(中位群)にすべての項目で進歩が見られた.下位群には3回目に総合点で平均を上回った児童も存在したが,わずかしか伸びない児童もいた.上位群も全般的に伸びが小さかった.技能が伸びにくい児童に対する個別指導の必要性,ビデオ教材の改良等の課題が残ったものの,一般の音楽レッスンの形態を適用した一人1 台端末を活用した家庭学習は,音楽科にとっては,授業時数不足という現状を打開する一方法であることが示された.キーワード:ビデオ教材 タブレット端末 音楽科教育 リコーダー 演奏技能
  深見友紀子・佐藤和紀・森谷直美・中平勝子・堀田龍也
  共著   日本教育工学会論文誌   日本教育工学会   41(1)   2017/04


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.