ヤマシタ ハルコ
  山下 東子   経済学部 現代経済学科   教授
■ 標題
  日本のITConvergenceの展望と韓国への示唆-放送・通信を中心に-
■ 概要
  "韓国系の在日経済研究所である東アジア総合研究所からの依頼により執筆した報告書で、韓国語にも翻訳される予定。日本では放送と通信の融合など、いわゆる目ディ融合が進んでいる。融合は伝送路、端末、サービス、事業体、プラットホーム、コンテンツの6つの局面で進展している。政府当局はおおむねこの傾向を肯定し、支援するための法制度的枠組みを描いているが、総務省、内閣府党、スタンスに微妙な違いがある。
"

  単著   『東アジア研究レポート』   東アジア総合研究所   1-54頁   2004/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.