ヤマシタ ハルコ
  山下 東子   経済学部 現代経済学科   教授
■ 標題
  バリ島はマグロのふるさと
■ 概要
  日本が生鮮形態で輸入する刺身用マグロはインドネシア産のものが最も多い。インドネシア研究者の機関誌に寄せるということもあり、インドネシアで漁獲され、日本で最終消費されるまでの流通経路をルポタージュ風に描写した。インドネシアの海を「一緒に」泳いだあと、バリ・デンパサール発のガルーダ航空に、「あなた」と一緒に乗ってきたマグロを、翌日の夕食に「日本食はおいしいね」といいながら食べている可能性がある。
  単著   『インドネシアニュースレター』   JANNI (Japan NGO Netwprk on Indonesia)   (47),19-22頁   2004/02


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.