ヤマシタ ハルコ
  山下 東子   経済学部 現代経済学科   教授
■ 標題
  地デジ普及率100%への長い道のり(巻頭言)
■ 概要
  テレビ放送システムと機器に関する理科系の学会誌に寄せた巻頭言(ふぉーかす欄)。地上デジタルテレビ放送受像機(=新型テレビ)の出荷台数が4800万台に達するのには約10年かかると予想しているが、それは普及率100%とイコールではないことを、機関需要、買い増し・買い替え需要などの要因から説明。2011年のアナログ停波放送以外のものを見るようになること、2006年4月開始される形態向けワンセグ放送のほうが先に普及する可能性があることを解説。
  単著   映像情報メディア学会誌、Vol.60,№3   映像情報メディア学会   60(3)   2006/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.