ヤマシタ ハルコ
  山下 東子   経済学部 現代経済学科   教授
■ 標題
  放送メディア産業の未来と民放経営
■ 概要
  地上波アナログ放送が停波する予定である2011年ごろのテレビ視聴スタイルを予想しようとしても、メディアとしては地上波以外にも、CS,BS放送、ケーブルテレビ、ブロードバンド放送、携帯電話経由のワンセグ放送などが出てきて視聴者がしれらのどれをどのように視聴するのか予想が難しい状況にある。地上波放送事業者は、これまでの特殊なビジネスモデルを見直し、放送サービスの特殊性を生かしつつ普通の商慣行をビジネスモデルに取り入れるべきである。
  単著   月刊民放   日本民間放送連盟      2005/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.