ヤマシタ ハルコ
  山下 東子   経済学部 現代経済学科   教授
■ 標題
  第1章 水産基本計画・海洋基本計画と多面的機能
■ 概要
  同メンバーによるH.16-18科研費基盤(B)(代表山尾政博)の研究成果をH.20科研費(研究成果促進、山尾)として公表。山下は「第1章 水産基本計画・海洋基本計画と多面的機能」(pp.27-42)において、水産基本計画のなかで多面的機能は基盤整備の手段となったこと、海洋基本計画では里海という用語に集約されていると述べた。
  山尾政博・島秀典(編著)、共著者は久賀みず保、家中茂、鹿熊信一郎、磯部作、鳥居享司、若林良和、赤嶺淳、遠藤愛子。
  単著   日本の漁業・水産業の多面的機能   山尾政博・島秀典編著、北斗書房   1-250頁   2009/02


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.