タキグチ アキコ
  滝口 明子   国際関係学部 国際関係学科   教授
■ 標題
  「18世紀の女性と読書について--『スペクテ一ター』紙の読書論--」『熊本大学教養学部紀要』第28号
■ 概要
  18世紀初期の新聞『スペクテーター』紙の「女性の図書室構想」は、女性たちのために推薦図書目録を作ろうという試みであった。本屋、夫たち、女性たち自身などから寄せられた投書を見ると、それぞれのリクエストは大きく食い違っている。16-17世紀の読書論とも比較しながら18世紀の女性の読書について考察した論文。『スペクテーター』のテキスト分析を中心とし、印刷革命や読書革命など読書をめぐる文化史や社会史の最新の研究成果にも触れている。
  単著   『熊本大学教養部紀要』   (28),69-84頁   1993/01


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.