ヤマザキ マサノリ
  山崎 雅教   経営学部 経営学科   教授
■ 標題
  『日本企業の建前と実態』
■ 概要
  本書は、経営研究所の共同研究によるもので、現代企業の建前と実態を論じた論文集である。担当部分(p.129-p.152)では、「経営者報酬についての検討」を執筆している。そこでは、現在非常に高騰しているアメリカの経営者報酬の問題をコーポレート・ガバナンスの観点から検討している。具体的には、報酬形態を概観した後に、取締役会内に設けられている報酬委員会の役割とそれらの情報がどのように開示され、意思決定にどのように役立っているかを中心に展開している。それを受けて、日本で平成9年度に導入されたストック・オプションに関して、財務諸表上での開示の問題を検討している。執筆者は、馬場宏二、白石裕子、白坂亨、村瀬安紀子、今城光英、山崎雅教、福島干幸、長谷川礼、首藤禎史である。
  共著   大東文化大学経営研究所      1999/01


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.