スサ キミコ
  須佐 公子   スポーツ・健康科学部 看護学科   准教授
■ 標題
  ケアマネジャーの職業上ストレスとバーンアウトとの関連
■ 概要
  居宅介護支援事業所のケアマネージャーを対象とし、在宅ターミナル期の支援状況と在宅サービスの充足状況、介護保険制度上の問題点を明らかにするため質問紙調査を行った。その結果、在宅ターミナル期の支援状況は、9割のケアマネジャーが意識的に支援を行っていた。在宅サービスの充足状況は、訪問看護、訪問介護、通所介護、短期入所、往診医は充足していると回答したのは2~3割にとどまった
  須佐公子、坂哉繁子、村田ひとみ
  共著   獨協医科大学看護学部紀要   獨協医科大学看護学部   3,35-42頁   2010/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.