シライ ハルト
  白井 春人   外国語学部 英語学科   准教授
■ 標題
  舞台芸術としてのフィギュアスケート(1)
2つの「カルメン」 カタリナ・ビットとエフゲニー・ブルシェンコ
■ 概要
  渡邉守章によれば、フィギュアスケートは舞台芸術の1ジャンルであると唱えている。しかしながら、これまでこの視点からの学術的な研究は皆無に等しい。本論では、オペラやバレエで名作として名高い『カルメン』を、フィギュアスケートにおいてはいかなる作品に昇華しているかについて、カタリナ・ビットとエフゲニー・プルシェンコという対照的な選手の演技を通して論証を行った。
  単著   ICE JEWELS   舵社   (1),90-93頁   2015/10


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.