オウ ジェヒ
  呉 栽喜   文学部 教育学科   准教授
■ 標題
  老人保健施設における家庭復帰に向けた介入モデルに関する研究-支援相談員のインテーク技術を中心に-
■ 概要
  要援護老人の家庭復帰を目的とする中間施設として位置づけられている老健施設において、在宅支援機能が薄れ、その存在が問れる状況のなかで、施設介護から在宅介護への円滑な移行を援助するのに適した介入モデルを開発するとともにその有効性について検討を行った。共著者:貫美保
  共著   九州社会福祉研究、第27号:37-50p      2002/06


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.