オウ ジェヒ
  呉 栽喜   文学部 教育学科   准教授
■ 標題
  障害児の特性と母親の育児負担感の関係
■ 概要
  障害幼児の母親に対する介入指針を得ることをねらいとして、障害児通園施設を利用する母親515人を対象に質問紙調査を行い、障害児の特性と母親の育児負担感の関係について検討を行った。共著者:岡田節子、中嶋和夫
  共著   大東文化大学紀要第47号p.285-294      2009/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.