コミナト コウジ
  小湊 浩二   社会学部 社会学科   准教授
■ 標題
  企業内教育訓練とその処遇――『能力開発基本調査報告』にみる近年の傾向――
■ 概要
  本論文は、企業内のOJTを中心とした日本の職業訓練について、1990年代以降の雇用の流動化を機に、訓練者個人の技能形成要求との間にもたらしている問題を、とくに実際の訓練(OJTとOff-JT)、費用負担、処遇等などの点から検討した。結論として、処遇の不十分さや、企業規模によって異なる処遇が、技能や資格の労働市場の要素としての機能を損ない、職業訓練を実施率や受講率などからみて、閉塞に導いている可能性を指摘した。分析は主に厚生労働省『能力開発基本調査報告』に依拠した。
  単著   『環境創造』第13号、147~166頁。      2010/02


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.