ダレン マクドナルド
  ダレン マクドナルド   経営学部 経営学科   教授
■ 標題
  “Actualizing” Human Resource Management: The Case of a Japanese Manufacturer Pp. 1~16 (16ページ)
■ 概要
  ある日本メーカーのケーススタディを取り上げ、HRMの戦略を通じて、マネジメントのレトリックと現場の現実の差を縮めることを分析し、理論化した。野中郁次郎先生のナレッジマネジメント(特に「場」とtacit/explicit knowledge)と、内山研一先生の情報システム論(特にアクチュアリティ/リアリティ)を人的資源管理論に適用した。いわゆる、個人個人の持つ仕事のtacitとexplicitの両面を人的資源管理の戦略に活用することによって、経営のレトリックと現場の実態を縮めることが可能になる。
  単著   Art of Management Seminar学会 大会報告論集      2004/06


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.