シノナガ ノブタカ
  篠永 宣孝   経済学部 社会経済学科   教授
■ 標題
  『日本の戦後賠償-アジア経済協力の出発-』
■ 概要
  日本の戦後処理を巡る問題-強制連行・労働、慰安婦、軍票などの補障・賠償-が今なおくすぶり続いている昨今、本書はアジア太平洋諸国に於いて日本の戦後賠償が実施されたのか否か、そして日本の戦後経済協力はどのように行われたのか、その実態を包括的に検証し総括する共同研究書。旧フランス植民地インドシナの「ベトナム賠償」「ラオス賠償」「カンボジア賠償」を執筆(89~123頁)。共著者は、永野慎一郎、浦野起央、林理介、村田克巳、篠永宣孝、菊池育三、羅明哲、岡崎邦彦、劉甦朝、広瀬崇子、近藤正臣。
  共著   勁草書房      1999/11


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.