シノナガ ノブタカ
  篠永 宣孝   経済学部 社会経済学科   教授
■ 標題
  「#0339#洛(開封-洛陽)鉄道建設とフランスの外交」
■ 概要
  中国におけるフランスの鉄道建設の中で、ベルギーとの共同事業として最も大規模であった京漢鉄道建設の他に、この京漢鉄道を東西に横断して開封と河南府(洛陽)を結ぶ#0339#洛鉄道(186km)があった。この鉄道建設はベルギーの財閥アンパンの事業であったが、フランスは金融力を武器にこの事業に参画した。本稿では、この鉄道建設の経緯や実態、フランスの外交・金融協力とフランス・ベルギー間での鉄道建設資材・レール・機関車等の供給を巡る争い(フランスの輸出競争力)などを、主として仏外務省のアルシーブに基づいて実証的に分析
  単著   経済論集   大東文化大学経済学会   (86),77-100頁   2006/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.