トガシ ジュンイチ
  冨樫 純一   文学部 日本文学科   准教授
■ 標題
  日本語談話標識の機能
■ 概要
  感動詞・応答詞の類を談話標識と呼称し、それらの持つ本質的な機能の記述を試みた。 談話標識が持つ機能を、話し手の心内の情報処理の標示と位置付け、談話標識が発話された時点で話し手がどのような処理を行っているかという観点から機能を導出した。 また、「聞き手がどう解釈するか」という解釈の側面と心内の情報処理とがどのように結びついているかを明らかにし、実際の使用における位置付けを明確にした。
  単著   博士(言語学) 学位論文 (平成15年度、筑波大学)      2004/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.