メシツカ ユウスケ
  飯塚 裕介   社会学部 社会学科   講師
■ 標題
  都市の空間特性とその変化傾向の把握及び誘導策の評価に関する研究
■ 概要
  都市・地域の空間特性や今後の変化を的確に把握・予測すると共に、目標とする方向に誘導するため誘導策の効果を評価する方法を提案した。具体的には現状の空間特性を把握する方法として、自己空間相関関数を距離低減傾向と方向変動傾向に分けて分析することにより都市活動の連担性を簡明に分析する方法、空間特性の変化傾向を把握する方法として、状態遷移確率行列の固有値・固有ベクトルの特徴を利用して変化傾向を把握する方法、誘導策の効果を評価する方法として、過去の実績データを元に構築した市民の行動モデルを用いて誘導策の効果を定量的に予測する方法を提案した。またケーススタディによって各分析法の有効性を確認した。
  単著   博士学位論文   東京工業大学      2011/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.