ナカムラ セイジ
  中村 清二   文学部 教育学科   講師
■ 標題
  民主主義教育の認識論的基礎:ヒラリー・パトナムの「民主主義の認識論的正当化」を手がかりに
■ 概要
  20世紀末、日本の教育に大きな影響を与えてきた佐藤学による「学びの共同体」論は民主主義との結びつきを標榜するものの、実は、その教授学習プロセスに内在的に民主主義が結びついているかどうかは論じられていない。本稿は、「学びの共同体」は民主主義とむすびつくのかいなかを巡り、民主主義と教育を論じたデューイの理論を継承する現代の哲学者であるヒラリー・パトナムの論を手がかりに論じる。その手順は、民主主義的な学習における認識論的基礎を明らかにした上で、「学びの共同体」論を再構成し、教授学習プロセスに深く組み込まれた民主主義のあり方を明らかにする。
  単著   『唯物論研究年誌』   唯物論研究協会   17,233-256頁   2012/10


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.