サカグチ ユキコ
  坂口 由紀子   スポーツ・健康科学部 看護学科   准教授
■ 標題
  福島第一原子力発電所事故を巡る、被災した子育て家族の生活再建の過程
■ 概要
  福島原発事故で被災した子育て家族の生活再建の過程を明らかにすることを目的に、県外避難した母親13名に面接を行った。放射線が及ぼす人体や次世代への影響、偏見や差別が生活再建に強く影響し、放射線の情報不足への不満や不信感があった。生活再建を支えた人は祖母であり、生活再建の有様を決めた要因は仕事の確保であった。
  ◎宍戸路佳,久保恭子,坂口由紀子
  共著   小児保健研究   74(5),618-623頁   2017/03


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.