サカグチ ユキコ
  坂口 由紀子   スポーツ・健康科学部 看護学科   准教授
■ 標題
  看護大学生の性行動と性に関する実態調査―性行動と性に関する教育、情報源から支援のあり方を考える―
■ 概要
  看護大学生の性行動と性教育の実態を明らかにすることを目的に357名対象に質問紙調査を実施した。回収55名で、性交経験者62%であった。性教育は小学校での実施が多く、役に立った性教育は12歳の時であった。親からの性教育を受けた者は27%であった。性の情報源と相談は友人が最も多かった。
  ◎酒井博子,平田礼子,坂口由紀子
  共著   日本医療科学大学研究紀要   10,13-23頁   2018/02


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.