ノザキ ヒロユキ
  野崎 裕之   スポーツ・健康科学部 看護学科   助教
■ 標題
  大学病院総合診療科初診患者のうつ状態を評価するためのハミルトンうつ病評価尺度の有用性(原著論文)
■ 概要
  大学病院総合診療を受診する初診患者の多くは他施設受診歴があり、また複雑な主訴を呈しており、なかなか診断がつかないことをしばしば経験する。その理由として器質的疾患のみならず気分障害などの精神疾患が混在している可能性が考えられている。本研究では2016年から2017年に東北大学病院総合診療外来を受診した初診患者362名のうち226名について熟達した心理検査士の面接による簡易心理検査(ハミルトンうつ病評価尺度)により抑うつ状態を評価した。その結果、半数に軽症以上の抑うつ状態が認められた。さらに患者背景と抑うつ状態の関係について解析したところ、性差(女性)・飲酒歴・痛み・精神疾患の既往・他施設受診歴が抑うつ状態と有意に相関していた。総合診療外来に心理検査士の面接によるうつ病の評価を導入することは、より正確な精神的健康状態を把握した上で診療を行えるという有益性があると考えられた。
  阿部倫明、野崎裕之、中川高、八木橋真央、石沢輿太、奥田拓史、赤石哲也、田中淳一、大澤稔、沼田健裕、菊地章子、高山真、奈良正之、小野寺浩、富田博秋、石井正
  共著   日本病院総合診療医学会雑誌   日本病院総合診療医学会   14(6),556-563頁   2018/12


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.