ツチハシ トシヒロ
  土橋 俊寛   経済学部 社会経済学科   准教授
■ 標題
  障害者雇用納付金・調整金制度の経済分析
■ 概要
  現行制度下では、全ての企業がその規模に応じて比例的に障害者を雇用する為に、効率性の観点から問題がある。各企業は障害者雇用にかかる機会費用に応じて障害者を雇用するべきであり、各企業にこの様な最適な障害者雇用を自発的に促すツールとして雇用納付金・雇用調整金の役割がある。但し政策当局が各企業の費用構造を把握していない場合には、Vickrey-Clarke-Grovesメカニズムのような虚偽申告を行う誘因がないメカニズムを設計する必要がある。
  尾山大輔
  共著   日本労働研究雑誌   労働政策研究・研修機構   578,43-52頁   2008/09


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.