クズメ トモヒデ
  葛目 知秀   経済学部 社会経済学科   准教授
■ 標題
  『現代社会の課題と経営学のアプローチ』
■ 概要
  日本企業によるアジア10カ国向け対外直接投資(FDI)額に、各国のマクロ経済変数が及ぼす影響について、パネルデータを用いて分析を行った(分析対象年は1996年から2007年まで)。その結果、各国に確定的な個別効果と時間効果が認められ、また説明変数においては前年のFDI実績、実質GDP成長率、外貨準備高が有意な影響を与えていることが示された。さらに、外国為替レートの減価率、対外開放度、社会資本、教育水準も符号条件の点で着目すべき変数であることが明らかになった。
  ◎三浦庸男(編)・◎張英莉(編)・文智彦・磯山優・村田和博・平野賢哉・豊島雅和・堂野崎衛・相馬敦・葛目知秀
  共著   八千代出版株式会社   193-216頁   2009/05


Copyright(C) 2011 Daito Bunka University, All rights reserved.